車査定をいつ受けようか悩んでいるというお話をよく耳にしますが、車査定を受けるのに相応しい時期はいつかというと、愛車を手放そうと思った、まさにその時です。



なぜかというと、車はほったらかしたままでも品質が悪くなっていきます。

簡単に言うと、古い車はそれだけ価値が下がってしまうという事です。
査定を受ける段階で可能な限り、新しい方が良い値段で買ってくれるでしょう。


悩んでいるよりも、すぐにでも査定を受けるのが一番良い結果につながると思います。

車が事故に巻き込まれていた場合、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故が起きる前と比較して査定価格が大幅に低下することを査定落ちと呼ばれています。格落ち、評価損ともいいます。
ちゃんと修理をして、性能に関しては劣化がなくても、事故車両という嫌な印象だけで査定落ちをしてしまうこともありえます。



事故してしまい車を直した場合は、事故車とは違い修復暦車といわれています。修復暦車の場合だと、カーセンサー車査定業者の査定において、査定金額が大きく落ちてしまう要因のうちのひとつとなります。

ただし、軽い程度の事故を起こして修理した場合、修復暦車と扱われることなく正規の買取査定を受けることができる車もあります。
業者の出張査定はほとんど無料で受けられますし、自分の都合がいい場所に来てくれるので、忙しい人には便利です。ただし、一対一の交渉が苦手な方は買取業者の店舗に直接持ち込む方がよりよいと思ってください。
普通、予約は必要ありませんし、すぐに対応してくれますので、必ず複数の店舗で査定を受けてください。

代金振り込みのトラブルもないではありませんので、代金や手数料はできるだけ現金払いにしましょう。
車を売却するときに、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。



車を少しでも高く売るには車検に出す方がいいのではないかと思うかもしれません。

しかし、それは間違いです。
もし車検に出したとしても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは期待できないのです。
車検が切れたままで査定を受けた方が総合でみてお得なのです。


以前、インターネットの一括査定サイトを利用して、車の出張査定を受けました。

無料出張査定を行っている業者だったので、費用はかかりませんでした。
新しい車を買ったディーラーに下取りに出した時は、査定料を取られた上に後日、調べたら、買取価格の方が高かったので、この先は、下取りより買取の方がいいと思っています。ネットで売却するというのも考えましたが、他のネットオークションよりも、車の売却はトラブルが多いと言われますし、自分一人で対応するのは困難なので、専門の業者に頼んだ方が安心だと思います。これまで大事に乗ってきた車を買い取ってもらうなら、気持ち良く取引したいですね。買取価格アップに直結するかわかりませんが、車の中も外もきれいにしておきたいものです。

車内の掃除をしたら、シートカバー、ホルダー、ゴミ箱等は撤去しておきましょう。
収納部分もカラにしておくのが望ましいです。



ボディやガラスが汚れているときは、ちょこちょこ拭くより水洗いが効果的です。洗剤を使うのでも普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。いつもより頑張りすぎることで失敗するというのはありがちですが、うっかりするとキズ・ハガレが生じるため、あくまでも清潔感を目指してください。ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。ルームコロンは嫌う人もいるので、無香の状態を目指して換気してください。軽自動車税が高い最近では、中古車人気は高いです。



補足させてもらうと中古車の値段を値切れるの?なんて思う人も中にはいるかもしれませんが相場について事前に調べておくと値引きしてくれることがあります。

車のことをある程度知っている人に同行して見てもらうと値引きしてもらえることがありますよ。


自分の中古車をちょっとでも良いから高く買い取ってもらいたいならば、いざ見積もりに出そうと言うときには充分に清掃しましょう。事故や修理があったことは消せないですし、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭はいくらかは自分でメンテナンスする事で消すことが出来るでしょう。とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、悪臭が漂っていると減額対象になりやすいので、消臭スプレーなどで取り除く努力をしましょう。
中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。



しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のノーマルタイヤに戻してください。
冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。