車に乗る人にとっては常識かもしれませんが

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。
業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとゼロ円査定などという可能性もあります。 続きを読む

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、へこ

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。
でも、素人が傷を治そうとすると、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つケースが散見します。 続きを読む

中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、数は多くあ

中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。
手口の例としては、見積もりを申し込む時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。 続きを読む

これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくない

これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくないと考える査定金額を業者側から提示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。



査定の申し込みをしたからと言って、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。 続きを読む