中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、

中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。


普通自動車を売るのだったら車検証に加えて納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。 続きを読む

査定時、実際には車の何を見るのかというとメーカーや車種だけで

査定時、実際には車の何を見るのかというとメーカーや車種だけでなく、車検証の情報から年式、グレード、カラー、などを確認するのは当然必要なこととなっております。また、機器などの動作チェックや外装も目視チェックも寸刻みに行われますし、もちろんエンジンルームの点検も必要ですから、そうしてみると、車の査定には少なくとも15分、おおむね30分は見ておいた方がいいかもしれません。 続きを読む

一般的に、中古車売買に於いて査定書等の発行はされな

一般的に、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定書がどうしても必要になった時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ査定を依頼する必要が生じます。 続きを読む

子供が自立したのを契機に、主人と相談し、2台の車

子供が自立したのを契機に、主人と相談し、2台の車のうち1台を売りに出すことにしました。
カーセンサー車査定専門店に買い取ってもらうのも初めてで、どこが高く売れる場所なのかよく分からないまま、インターネットで買取業者を検索し、家から近い場所にあったお店に査定をお願いしたという訳です。 続きを読む