車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超える

車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、一般の中古買取店などで査定してもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。 続きを読む

中古車売買における車の査定基準というものは、

中古車売買における車の査定基準というものは、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。


これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで査定額はアップするでしょう。 続きを読む

買い取り業者の実車査定では車種やメーカーのみなら

買い取り業者の実車査定では車種やメーカーのみならず、車検証の内容から年式からグレード、車のカラー情報の確認をするのも当たり前のこととして行われます。これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、少々複雑なエンジンルームの点検も必須であり、そういったことも含めると、査定自体にかかる時間というのは15分、あるいは30分位は見ておいた方がいいかもしれません。 続きを読む