手放す車の状況によっては、査定額がつかない場合

手放す車の状況によっては、査定額がつかない場合ももちろんあります。
特に、数多く売れたもので10年以上経過したものや、10万キロを超えた車、あるいは改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものは値段をつけてもらえないことが多いようです。 続きを読む

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、標準年間走行

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、標準年間走行距離が1万キロを超えている、車色が好まれない、傷や汚れが目立つ、車の装備品が壊れている、車内のニオイなどがあります。そして、修理をされたことがあるということも査定金額への関連が大きいと言えます。 続きを読む