世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定してみると値段がつかないことが多いと思います。


ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検がまだ半年以上残っているような場合など、何らかの価値がある車を売る場合には、思った以上に値段をつけてくれる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。 続きを読む

自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられ

自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、人気のあるタイプの車であるということです。

マーケットでの評判がいい場合、たとえ高値で買い取ったとしてもすぐに売れる可能性が高くたとえそう安くなくとも購入したいという声が上がりやすく、査定価格がわりあい高めに出ることがよくあると思われます。 続きを読む

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、走行距離が平均

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、その車体のカラーが流行っていない、外観のキズ、汚れがある、付属品の破損がある、喫煙をされていたというようなことがあります。


とりわけ大きいのは車体の修理歴であり、査定金額への関連が大きいと言えます。 続きを読む

ごく一般的に事故車というのは、事故などで損傷した車全

ごく一般的に事故車というのは、事故などで損傷した車全般を指すと思いますが、これは車査定で使われる意味とは違ってきます。
車一括査定、査定の意味で言うと、交通事故などによって自動車の枠組み部分を交換しているか、修復したものの事を事故車と言うのです。 続きを読む