親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。


車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

いくら親しい友人であるからと言っても、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、重要項目については書類にしておくべきです。


きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からいざこざが起きても仕方がないため、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。他社と比べて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、色々と難癖付けるようなことを言って当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。

そんな額では納得できないと断ろうとすると、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送費用や保管費用などと言ってお金を請求するという手口も確認されています。



また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのに買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。普通車は車査定で売って、レアものの車はネットで売ることが適しているかもしれません。

しかし、ネットオークションだと個人同士のやりとりになるので、トラブルになる可能性が大きいです。
リスクのある売り方を避けたいのであれば、車査定で売るという方法がオススメです。自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が旧型ならば年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。
愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子を崩すことが多くなってきます。
車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。素人による清掃はあとから業者のほうでも出来るからです。

にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。実写査定の際に車がきれいになっていると、大事に乗っていたのだろうと思われますし、車の値付けや取引をしているのは人間ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。



今持っている売却予定の車に全く馬鹿にしているような査定金額を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。
査定の申し込みをしたからと言って、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。



最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えると一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。


でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。
何を優先するかは本人次第ですが、年式なりの状態の良し悪しで、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。
すると買取業者のほうが高かったんです。
特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。



30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でディーラーから車を購入しました。



下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。


買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、プラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。


気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられるケースも多いです。
自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。


意外に思われるかもしれませんが、車のローン返済期間中は、その車両が担保となっているんですよね。

ローンを完済していない車を売ろうとするならば、ローンを完済し、所有権をローン会社から自分に変える必要があるのです。

手続きが難しいと感じる方もいるかもしれませんが、多くの買取業者では買取の際に売却額からローンを完済し、所有権を移動させる手続きも、業者がまとめて行ってくれますからそこまで手間がかかりません。



ですから、売却額とローン残債分との差額を業者に支払い、そうでなければ差額を現金で受け取ることもできますから、簡単に処分が済むという訳ですね。


中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、他にも取引後に突然減額されたという噂をたまに聞いたりします。車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。

売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、減額するときがある、と説明されていたかどうか、それと、どのような状況、理由から減額になったのかで相手に求められる対応は変わることになります。しかし、どうしても納得できなくて許せない、という場合などは一度、買取をキャンセルしてしまうのが良いでしょう。