自動車を手放す際の選択肢には、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。

でも残念なことにディーラー下取りは、中古車を買い取る業者に頼むよりも安価になってしまう場合が多いのです。また、オークションで売ってみるという方法がありますが、手数料などで損をする可能性が低くないというデメリットもあるのです。

愛用の車を廃車にする時に還付されるのを自動車税と言いますが、実は車を買取に出した場合でも還付されることをご存知の方は少ないと思います。



車を手放す時に、残りの期間分の自動車税は返金してもらうことができます。

逆に中古車を購入する際には、次年度までの期間に合わせて購入者が払う必要があります。
子供が生まれたので、2シーターの車から買い換えることになりました。


独身時代から乗り続けている車ですので、思い出が詰まっていました。新車を買うため、下取りに出しました。

まさかの、低い査定額となりましたが、傷もあることですし、これ以上は望めないのかもしれません。



車査定では、タバコの臭いがするかどうかが査定額を大きく左右します。タバコの臭い、煙やヤニなどはどうしようもなく天井やシートに付着しているのです。



タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増えていることで、完全な禁煙車を買おうとすることが多いので、タバコの臭いがすると査定は低くなると言うしかないのです。数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

修理歴等を偽って深刻する行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。また本来申告すべき情報を隠す行為は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

それに契約書をよく読んでいくと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却サイドから考えても高く売れる好機であることに間違いありません。車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、同時に買取価格も連動して上がるのです。

一般的に会社の決算月である3月と9月は他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で中古車の売れ行きはアップするのでお勧めの季節ですね。
去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、専門の業者を呼んで、買取査定してもらいました。


方法は、一括査定サイトを利用し、一番高く買い取ってくれた会社の人のお話ですと、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。私が売却したエクストレイルですが、やはりアウトドアが盛り上がる夏場が売り時だそうですから、高値で買い取ってもらうなら、春ごろから梅雨時期がおススメらしいので、ためになる話を教えてもらえました。



車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?何を優先するかは本人次第ですが、車の車種や補修履歴などの状態によって、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。


私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取業者のほうが高かったのです。



あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。


30万円以下なら現金払いもできるそうです。
ともあれそのお金でひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。



査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が古い車の場合大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。
車を買い取りに出す場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

ホンダフィットは、低燃費でありながらも、力強い、走りが得意な人気アップの普通車です。
街中でも頻繁に見かける大衆車だから安心感が強いですね。この車の珍しいところは、見た目は小さ目であるのに車内はゆったり広々というとってもユーザーフレンドリーなことです。