車の買取査定の話なのですが、昨夏に愛車の日産エクストレイルを売却するために、買取査定してもらったことがあります。



インターネットの査定サイトで一括査定をお願いし、最も高い見積もりを出してくれた業者の方に教えてもらった話なのですが、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。私の場合、買い取ってもらった日産エクストレイルが夏場が需要の高いアウトドア車ですので、買取のタイミングとしては、春から梅雨の時が最も良いタイミングだったそうです。

ためになる話を教えてもらえました。
中古車を売るなら、出来るだけ高く買取をお願いしたいものです。業者との交渉にあたり、「現場で納車できる」ということは、売る側のメリットとなるようです。
以上の理由から、査定の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も揃えておくことを奨励します。中古車売買に於いて、その査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。


査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで幾分査定額は高く出ると予想されます。事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、嘘をついたりせずに伝えましょう。これらベースとなる査定基準をチェックした上で、オークションの査定相場金額を鑑みて、最終的な見積額を決定します。中古車売買は査定に始まり売却で終わります。流れとしては、売却の第一歩は査定です。

まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。そのあとで現物を業者から派遣された査定士が判定し、その業者が出せる査定額が決定します。金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉してOKなら正式に契約します。



引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと業者から売却代の振込があるのが普通です。


まだローンの残っている車を売る際は、残債を払ってしまわないと売却できません。


なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。


売却にあたっては残りのローンを全部払えるのであれば困らないのですが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額からローン残債を支払うという手もないわけではありません。


しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、残債がないときと比べると手続きは複雑です。

車の買取査定してもらうときに査定の金額を上げようと車検切れの車を車検に出す方も多いです。カーセンサー車査定業者では自社の工場で車検を通しているところが、結構あるので、多少、上がった査定金額より自分で通した車検金額の方がかかってしまうのです。車検が間近となった時でも、査定をそのまま受けた方が得なのです。



何社にも査定を頼んだのに買い取ってくれる会社が見つからなかったら、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。



どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。
それ以外には廃車しかありませんが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。廃車業者を利用するメリットは、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、無償で車を処分してもらえるという点です。



車の状態は評価するに当たって大変重要な箇所になります。故障しているところがある場合、目につくような大きなヘコミや傷がある場合は、大きく売却額を下げることになってしまいます。走った距離は基本的に少なければ少ないほど値がつくと思ってください。新車を手に入れて5年経過している場合なら、3~4万キロだと高評価となります。
中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、少なくとも2つあると思ってください。



とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。

これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。

査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、足許を見られて買い叩かれる危険性もありえるからです。

次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。臭いがあると第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。



車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種の需要や人気などの条件によっては、車査定の方が高く買取ってくれることが多いようです。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。新車の値引きを含んだものが提示されるケースも少なくないので、価格交渉が難しくなると思いますし、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。



ということで、車の処分については、ディーラー下取りよりも車査定の方がより高額で買い取ってくれる可能性が高いと言えます。