手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

逆にビビットカラーの赤や黄色などは中には嫌がる人もいますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。
でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりけりなので、流行次第である特定の車体色が査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。
近頃では、車の買い換えを行う際、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。ところで一つ気にしておきたいことがあり、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。


業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、事故歴については、わかっている場合には申告義務があることが書かれています。そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも先方からの事後減額要求が通ることになりますから、事故歴は下手に隠さない方がいいです。中古車買取業者に車を売ることを考えた場合、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、車内の掃除と洗車を行ない、車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。


そして、先々、いざこざの元にならないよう、事故車で修理歴があることなどは隠すことなく伝えておくべきでしょう。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて悔いを残さないようにしましょう。新しい年式のものほど査定額は高いですし、上のグレードであるものほど査定額も高くなるでしょう。ボディカラーも査定のときにチェックされるポイントで、無難な白や黒、シルバーなどが人気となっています。


車を買うときには、やがて売ることを考えて人気がありそうだなと思う色の車を購入するのも手かもしれません。

雪が積もった日、車が滑り、フロントを電信柱にぶつけてしまいました。どうにかエンジンには損傷がなかったようですが、そんな状況でも事故車扱いに変化してしまうでしょう。

フロントのバンパーばかりでなく、フロントのフレームの修復を行う状況となったため、修理代が非常に掛かってしまいます。



車検証、それと、自動車納税証明書を中古車の買取を依頼する前に、準備する必要があります。


言うまでもないことですが、車の外、車内の確認も忘れずに行いましょう。



自分で修復可能な傷は直し、ピカピカにワックスをかけて、車内もしっかり掃除しましょう。



もしも、何か改造を行っていたら、極力、購入時の状態に直して、純正のパーツにした方がいいでしょう。
査定の少し前からタバコを吸わないなど、車内の臭いにも注意してください。個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。事実を隠すという行動は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。



そもそも契約書の規定にもほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。リサイクル料金を先に支払っている車を下取りしてもらった場合には、資金管理料金を除く分が返ってくるといったことを知ったのでした。
これまで知らずにいたことなので、次回からは、査定を買取店に出してもらったら、リサイクル料金はしっかりチェックをしたいと思います。売却したい車で店舗に乗り付けて直接査定してもらおうと思っているなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

ただ、持ち込みということになると相場もわからなければ価格競争もありません。


仮に相場を無視した大幅な安値で買われてしまうこともあります。
一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが良い値段がつきます。


買取希望の車の査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。
これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、事前にしっかりと掃除することで幾分査定額は高く出ると予想されます。



事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をつかずに申告してください。


これらの査定基準を確認してから、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、最終的な見積額を決定します。