車を中古車屋に売る際にしておくことは、最低限このふたつに尽きます。

最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもありえるからです。



そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。
ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。



少しでも車内に匂いがあると、査定で減点されるのは間違いありません。

中古車屋の査定というのは、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上でマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。
そこで必ず減点対象となるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、逆に減点の度合いが大きくなってしまう場合もあります。プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

車を売る場合、ちょっとでも高値で売りたいと思うのが正直な気持ちではないでしょうか。なので、多くの業者に車の査定を依頼し最も条件が良かったところに売るということも方法の一つでしょう。

それに、高値で売るには買取査定を頼む前に少しでも綺麗に車を洗う方が良いと思いました。


車を手放す時の選択肢には、ディーラーに下取りって貰う方法もあります。でも、ディーラー下取りは、中古車を買い取る業者に頼むよりも安い値段になってしまう場合が珍しくありません。

また、オークションで売ってみるという方法もいいとは思うのですが、、手数料で、マイナスになる可能性が低くないという悪い面もあります。

車の査定の際、走行距離が短い方が査定にプラスとなります。

走行距離が長ければ長いほど車の状態が劣化してしまうからです。

そう言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄な距離を走らない方が良いかもしれませんね。原則的に、車査定において持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。



半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格があれば、ある一定以上の経験や技能があるということの証明になると言って良いでしょう。
車の査定を受けることになって、その前に、車体についた傷をどうしたらいいか判断できないケースもありそうです。



これは傷の大きさによります。

小さくて自分で直せそうなら、きれいに直して評価アップを期待したいところですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。
理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしてもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままでプロの査定を受けてしまうのが良いです。

中古自動車を購入する場合は、事故車と呼ばれるものを買ってしまわないように用心した方がいいかもしれませんね。
いくら修理済みであるとはいっても、事故車はトラブルがあることもあります。しかし、素人が事故車を識別することは難しいので、安心できる中古車販売店で買いましょう。

中古車を売ろうとするときには、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。
故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、あらかじめ修理することはかえって得にならないことがほとんどなのです。中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。
ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。
もし、事故車であった場合などには売れるのかどうか思案することもあるでしょう。新車に買い替えたければ新車を買うディーラーへ下取りの相談も一緒にした方が円滑に事が運びやすいでしょう。

買い取ってもらうのがカーセンサー車査定業者の時には普通の買取と共通で、価格は、年式や距離や部品状況により決められ、ここに差が生じます。現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならばおそらく高く売れるでしょう。