中古車を買い取ってもらうときに必要な事を調べてみましょう。


売却した金額を振り込むための銀行口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)等を準備しておきます。取扱説明書やスペアキーがあれば買取金額が上乗せされることもあると思います。車を売却する場合、高値で売れる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが重要です。


例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃は車が高く売れるのです。


あと、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。

こんなような、車を高値で売るには、時期を見ておくことが大切です。子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えることにしました。
下取りしてもらうのだから出費が減って有難いぐらいに考えていましたが、いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

車買取のほうも検討してみるべきだったと実は今でも、つい考えてしまいます。

車を売る時に必須なものの一つが、車検証と言えます。



けれど、査定だけなら、車検証不要で行ってもらう事が出来ます。それは、査定は法的なものでないからです。

売買契約を結ぶ際には、必ず車検証を持参が必須であります。

車検証を持ち込んでないと登録抹消や名義変更が不可能なのです。自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。



ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、実査定を受ける前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定額が下がってしまう原因になるのです。

買取では、改造車は決して高くは評価されません。

いわゆる大手の買取店の場合、車にメーカーオプションやディーラーオプションが装備されていると高く評価される場合が多いです。



需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定額にプラスに影響しますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けていると期待ほどの価値は認められません。買取対象がスポーツカーというケースでは、専門店に持ち込むのが最もよいでしょう。自分の車を売却する場合にはいろんな書類を揃える必要があります。

その中でも自動車検査証、つまり車検証は、とても大事な書類なのです。また、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。


印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておくことが必要になります。
また、実印もいるので、前もってきちんと用意しておくことが大切です。事故車でも査定は受けられますが、査定の額は低くなるでしょう。しかし、事故にあったことを隠しても査定する人は事故車であることは分かるので、マイナスになってしまいます。

事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の中古カーセンサー車査定業者に査定をお願いするといいでしょう。
その方が高い金額をつけてくれることも出てきます。
車を売るときの査定では、いくつか注意することがあります。どんなところでも、一社の査定だけで契約するのは損です。
一括査定サイトなどを十分活用して、車買取を扱う業者を幅広く探して比べることが必要です。

査定を受ける前には、ざっとでも清掃しておかなければなりません。また、少なくとも車検証と納税証明書がないと査定を受けられないので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

家族が増えて、今の車では不便に思うことが多くなってきました。そこで車の買い換えをすることにしましたが、その時に、一つの会社だけに頼まず、複数の業者に査定をお願いして、最も査定額が高かった業者に売るようにしました。
足まわり、スタッドレスタイヤを履かせていたわけですが、なかなか高価な物でしたから、これでどれくらいプラスになるだろうかと、内心かなり期待していたわけですが、そんなことは全くなく、値段の違いは殆どありませんでした。


実をいうと、少し古くて傷みもあったようなので、売却はできませんでしたが、自分で処分するとなると費用がかかりますし、無料で引き取ってもらえて良かったです。


それはともかく、新しくて減りの少ないスタッドレスタイヤであればタイヤだけで車とは別に売却する方が、値段はよくなるようです。